So-net無料ブログ作成

7月1日 蟹座の新月と日食 [新月&月の満ち欠け]

本日7月1日17時53分頃に
蟹座で新月の配置になります。
西洋占星術では、新月に設定した目標は達成しやすいと言われます。
それはなぜか。
新月は、自我の目指す場所への意志である太陽と
感情を司る月が、重なる配置だからだと言われます。
また、月の満ち欠けが一度ゼロに戻って
新しいサイクルをスタートさせ、
満月に向かって引力を増大させていくエネルギーが働くため
新月にスタートした物事もまた、そのエネルギーの恩恵を受けると考えるのです。
新月のエネルギーは、新月後8時間以内がもっとも強いとされます。

新月生まれの人は、無から有を生む創造力を持つとされますが
真の自我の意志と、感情がぴったり合致しているので
自我の方向性と感情の間にぶれがなく、
迷うことなく物事を推進していくことができるのかもしれません。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

さて、今回の新月は、そんな中でも特別なエネルギーを持っていると考えられます。
私なりの解釈ですが、その理由は
①新月であると同時に、日食である。
②月の本来の星座、蟹座での新月である。
③活動宮で、ほぼグランドクロスに近い配置が形成され、そこに太陽と月が含まれている。
⑤太陽と月のサビアンシンボルが「最初のカッティング過程の大きなダイヤモンド」
⑤新月図で、4室(または5室)に木星が入っており、状態が良い。
⑥2011年7月1日が、数秘術で「3」にあたる日である。
ということからです。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

まず「新月であると同時に、日食である」ということについて。
日食とは、地球から見た時に、月が太陽を隠す現象です。
太陽と月の大きさが、地球から見たときに、ほぼ等しいことから起こる現象ですが
地球と月の公転軌道の傾きのずれがあるため
毎新月ごとに起こるわけではなく、年に約2~5回程度しか起こりません。
大抵、月の影は地球から少しずれたところを通るため、日食が起こらないことが多いのです。
そういう意味からも、
太陽(意志のエネルギー)月(感情エネルギー)地球(人間)が
ピタッと重なる配置となる日食は、
エネルギーの流れが変化して
節目になるというイメージが湧きやすいかもしれません。
通常の新月が、「秒針が回って節目にきたため分針がカチっと動く」感じとすれば
日食は、「分針が回って節目にきたため、短針がカチっと動く」
というイメージかもしれません。

新月図はこれから一か月間のエネルギーの流れを見る時に使いますが
今回の新月図は日食図でもあるので、
次の日食までの期間のエネルギーも見ることができます。
つまり、この日食図で起きたエネルギーの流れは
次の日食である、11月25日の射手座の新月まで続くということになります。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

次に、「月の本来の星座、蟹座での新月である」ということについて。
月は、本来の座である蟹座内では、本体の機能を発揮し、強くなるとされます。
強くなる、というのは、月のポジティブな面が出るということです。
「感受性の強さ」「敏感さ」「人情味」「同胞愛」「家庭」「優れた模倣性」「母性」
などのエネルギーが強く働くと予想されます。
これから、次の日食までの11月25日までの期間、
これらのキーワードが注目されるような流れが起こってくるかもしれません。
これらのキーワードが表すエネルギーに同調する事柄は進展していきやすい
と考えられるので、この新月には、是非そういう視点で
新しい行動目標を立て、物事をスタートさせていってください。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「活動宮で、ほぼグランドクロスに近い配置が形成され、そこに太陽と月が含まれている。」
活動宮は非常にパワフルなサインです。
物事をスタートさせる大きな推進力を持つ活動の4サイン
「牡羊座」「蟹座」「天秤座」「山羊座」に天体が配置され
強力なエネルギーが発生すると考えられます。
明確な目的意識をしっかりと持つことで、このエネルギーを活用していけるでしょう。
太陽、月、土星、天王星、冥王星という顔ぶれからなるグランドクロス。
「自我と感情の動きが一体となって
目的に向かって時間をかけて努力し、どんな試練を乗り越えて、
古い因習を打ち破り、非常に大きな革命的な結果を残す」
というエネルギーとなりそうです。

自分の人生で、向上のための大きな変革を起こしたい人は
是非、今日の18時から8時間の間に
今まで明確にしてこなかった目的をはっきり定め
今まで踏めなかった一歩を踏み出してください。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

太陽と月のサビアンシンボルが「最初のカッティング過程の大きなダイヤモンド」
完全なもの(ダイヤモンド)に向けて、努力、訓練を開始する
ということを暗示するサビアンシンボル上で、新月が起きています。
これは、上記の、活動のグランドクロスと共通するものを感じます。
自分の持っている主観や才能の卵、つまり原石を
誰から見ても輝いてみえるダイヤモンドになるように、
磨きをかけて処理していく過程を表しています。
研磨されるという体験は、原石にとっては辛い試練となるかもしれませんが
この工程によって初めて、もやもやとした眠れる潜在能力が
現実として顕現してくるでしょう。
創作、技術に携わる人は、この新月を機に
自分の能力と技を、さらに磨き直してみるのが良いかもしれません。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「新月図で、4室に木星が入っており、状態が良い」ことについて
これは、地域によっては、木星5室入室になります。
(関東では4室、関西では5室になっているように見受けられます)
4室は、蟹座の本来のハウスです。
基本的に家庭を表すハウスですが、そこに木星が入室し
ハードアスペクトで対立している「太陽・月」vs
「冥王星」に対して
60度と120度の角度をとってエネルギーを調停しています。
蟹座の新月とあいまって
家庭、帰る場所、同胞仲間、チームワーク、地域社会などが幸せのありかになり
試練を乗り越えていくための支えになってくれる、と取れそうです。

また、木星が5室にある場合(西日本)
上記のサビアンシンボルなどと併せて、
「創作活動、レジャーにおいて、能力を磨き上げて行くこと」
「創作、趣味において、模倣による訓練を開始すること」
「子育てに楽しく真剣に向き合うこと」
などが、開運の鍵になるとも読めそうです。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆



「2011年7月1日が、数秘術で「3」にあたる日である」ことについて。
数秘術で「3」は
感受性を生かして、湧きあがる表現力を世に送り出していく力を示します。
3は、父と母から子が生まれる力を表し
タロットでは、豊かな生産力を表す「女帝」のカードにあたります。

創造的なもの、生み出すことすべて、育むこと
表現的なもの、感性を生かせるものすべてに
力を与えてくれる日となりそうです。

これも、蟹座のテーマと共通点が多くなっており、注目しています。
4室か5室に在住する木星のポジションから考えると
家庭の中で、子や愛を、豊かにと育んでいくエネルギーとも取れますし
表現力を育んでいけるエネルギーとも取れます。
趣味としての創造力、表現力を楽しみながら磨いていくのが良い
という解釈もできます。

表現の力を磨いていくには、見てくれる相手が必要です。
その相手に見てもらいながら、少しずつ表現力を伸ばしていき
いずれは社会に通用していくものに磨かれていく。
手塚治虫は子供の頃、妹とクラスメイトに見せるために
毎日せっせと漫画を描いていたといいます。

この新月を機に、家庭や仲間、趣味といった身近なところで
表現力を磨いていくと、やがてその才能は
ダイヤモンドのように光輝いてくるかもしれません。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

■ちょっとした新月のおまじない■

蟹座の新月ということで
18時以降の夜、白い服、真珠やシルバーのアクセサリーをつけ
蟹座が支配する北の方角にて
水で満たしたカップを目の前に置き
この新月からスタートさせて、叶えたい夢を
ノートに書きしるしていきます。
「金銭面」「愛情面」「健康面」「技術面」「仕事面」
の項目について、手に入れたいものを書き
それが手に入った様子を、できるだけありありと思い浮かべましょう。
色、臭い、味、手触り、音などを手掛かりに想像すると
より具体的なイメージが湧きやすくなります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。